アパートとマンションの違い

アパートとマンションは何が違うのでしょうか?

このページでは、アパートとマンションの違いをある程度把握する為に情報を掲載していますが、実際のところは、「管理側がアパートと言えばアパート。マンションと言えばマンション。」という曖昧なものでもあるようです。

あくまえも、一般的な違いを確認する上でお役立て下さい。

アパートの特徴

構造
木造・軽量鉄骨造・鉄骨造
コンクリート使わない構造で、防音・遮音の設備が乏しい。新築物件の中には、騒音面を強化されているものもあるがやはり限界がある。木造でもファミリー向けの物件では、防音も有る程度考慮されているものも増えてきました。
階層
1~3階程度(2階建が多い)
1つの建物は4~6部屋程度が多い。全部屋と繋がっている真ん中の上下階は空きやすいのは、マンションとも共通でよくある事。
付属設備
低層階住宅が多いので、エレベーターやオートロックが無い。
鍵は工夫されているものもあるが、オートロックではない。
家賃管理費
構造が簡単で建設費が安く造りも弱い点などから、安めに設定されている。

マンションの特徴

構造
鉄筋コンクリート造(RC)・鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)
構造はコンクリートが主なので、防音・遮音性能が高く、災害にも強い。ただし、古い物件の中には、構造が弱く音が聞こえるものも有ったり、コンクリートの結露の関係上、内腔となっている壁では音が響きやすい。
階層
低層~超高層まで幅広い
付属設備
エレベーター、オートロック、宅配ロッカーなどが設置されている。
ただし、中には4階以上でエレベーターが無い物件もあるので注意が必要。
家賃管理費
構造や設備がしっかりしている分だけ、家賃・共益費・管理費は高め。
場所によっては、月の駐車場代も高くなる。

ファミリー向けの物件では、子供がいる場合やペットを飼っている場合など有り、生活騒音が多い場合も有るので下見は必須。また、築年数も確認しておくと、どの位造りがしっかりしているかも確認できます。