自社所有物件を持つ不動産は?

自社所有物件の不動産なら仲介なしで手数料ゼロ

不動産会社の種類において、物件や内部事情に詳しい元付けが良いというのは理解できたなら、さらに手数料を無料にできる場合もあるようです。

その方法は、自社管理の物件を持つ不動産会社で契約する事です。

仲介手数料そのものが存在しなくなります。(仲介していないので。)

ですが、これはあくまでも一つの選択肢。
実際の物件がどのようなものかという情報は、まったく含まれていません。手数料以外を考えると、あまり重要な選択肢では無いと思います。

自社所有物件を紹介している不動産の中には、客付けを介した方が月々の家賃を安く出来る場合が有ったり、家賃以外の支払いにコストがかかるケースもあるようです。結局、契約内容を自由に調整できる自社所有なので、専門知識のある第三者を通じて契約した方が良いのかもしれません。

結局、契約内容を抜かりなくチェック出来なければ、直接の契約は、落とし穴があるかもしれないという事です。

大家さんと直接契約できれば一番楽?

大家さんとの直接契約という方法もあります。
法律上の問題もありません。
一番低料金に抑えられる可能性が有る一方、以下のような問題点があります。

  • 資産運用目的で、建物に関しての情報や地元のリフォーム業者との繋がりが無い
  • 書類を書くのが面倒だという理由から、不動産業者任せにしている
  • 家賃交渉など相場情報を持っていないと、交渉は難しい場合が有る
  • 月々の支払いトラブルを避ける為に、管理会社を挟んでいるケースが大半

結局、物件の名義は大家で有っても、事実上の管理は管理会社を挟んでいるケースも多いです。トラブルなどがあれば、24時間対応してくれる管理会社任せにした方が断然楽です。

直接契約が費用面では一番良い方法ではあるものの、それが出来る素敵な大家さんを見つける事が難しいかもしれません。巡り合うには、インターネットで入居者を募っている大家さんを探してみるしか無いのかもしれません。

手数料が必要となる場合は自社所有ではありません

客付け業者なのにも関わらず”自社所有”と言っている業者も有るようです。
これは、宅建業法で違法となりますので、関わりを持たないようにすべきです。