好条件物件を探せない理由

見えない業者専用のサイトが存在する

好条件の物件は、ネット検索の段階では既に募集が終わっています。

お部屋を探す時、不動産の店舗へ直接行くよりも先にインターネットで検索すると思います。その中で、家賃や間取、立地、駐車場など、自分の生活資金の余裕に合わせながら、自分の欲しい条件をできるだけ多く含んでいるものを探すという流れが一般的です。

ですが、この段階で既に大きな間違いをしていることになります。

各不動産のホームページで検索できる物件情報は、全てではありません。
会社ごとにピックアップした情報を任意で掲載している形になります。
しかも、会社は違っても情報源は一緒で、登録している不動産業者だけが使用できる非公開の物件情報サイトが存在するのです。

そこに空き物件の情報が集められていて、そこから、各不動産会社が掲載に相応しいものを選んでいるという事になります。

沢山の選択肢の中から選んでいるように思っていても、実際は、ごく一部の空き物件を選ばされているという事です。しかも、公開されている物件情報も登録できる量い上限が有ります。

つまり、見えない物件にこそ好条件のものが隠れている可能性が有るのです。

インターネットでいくら好条件のお部屋を探そうとしても、それには、限界があるという事がわかってもらえたと思いますが、良い物件を見つける為には、担当者とのやり取りが重要となってくるのです。

その為にも、良い担当者探しが重要です。
しかし、大手不動産会社は、人の流れも多く見ている物件も数が多いですが、その分、次々と回していかなくては利益を出しにくいので、あまり好条件の物件は見つかりにくいと思います。

その為にも、まずは、自分の希望する条件にマッチングした物件を非公開情報も含めてしっかり探してくれる担当者の居る不動産会社を探す事が大切です。