マンスリーマンションの特徴

ウィークリー・マンスリーマンションなら必要なものが揃っている?

敷金・礼金不要で家具も揃っているウィークリー・マンスリータイプの需要が増えています。

これらは、ホテルと一般の賃貸との中間のような存在なので、管理の介入も一般賃貸よりは行き届いています。

また、家電、寝具、家具、掃除機、洗濯機など、生活に必要なものはほとんどが揃っている点も魅力に一つ。

しかし、しっかりと確認しなければ、最低限の家電しか取り付けられていない場合もあるので、契約の前に確認しておかなくてはなりません。

前金制で保証人や身元証明不要

マンスリー形態の短期契約物件なら、ホテルのチェックインと同じように、決めた期間の賃料を前金で納める事により、そうした面倒な申込み手続きが必要無くなります。

一般的な賃貸は、入居月が始まる前に支払うものですが、最低の入居期間が設けられていたり、継続して支払が必要な事から、連帯保証人が一人ないしは二人必要となるものです。

最近では、保証人無しで借りられる物件も有りますが、短期契約なら、こうした手間も有りません。

ウィークリー・マンスリーマンションのメリット

  • 敷金・礼金が不要
  • 退去時に大家とのトラブルが無い
  • 環境が合わなかったら住み替え出来る
  • 家具や家電など必要なものが用意されている
  • 光熱費込みの物件もある

転居経験が有れば、退去時の金銭トラブルの経験が有るかもしれません。

敷金の返金が滞る事で泣き寝入りするケースも多いようです。
そういった、トラブル、必要なものが用意されていることなどを考えると、ホテルのような感覚で入居できるのに、ホテルに比べると格安なウィークリー・マンスリーマンションはオススメです。

また、退去時の費用も短期契約なので、入居費用に含まれている場合も有り、あとくされなく物件を出る事が出来ます。ただし、その分、賃料は割高です。

必要諸経費が少ない

一般の賃貸と比較した場合、最も違うのが必要諸経費です。

ウィークリー・マンスリーマンションなどの短期賃貸マンションなら、1週間~1ヶ月単位で前払いをすればいい場合がほとんどなので、まとまったお金が無くても入居は可能です。

必要となるのは、住み込む期間の応じた家賃と光熱費や清掃代金だけ。
物件の中には、清掃代や光熱費が含まれている物件も存在します。

保証人がいない事以外にも色々な活用方法があります

短期賃貸物件は、保証人が不要だという以外にも色々な活用方法があります。

  • とりあえず試しに一人暮らしをしてみたい
  • 中・長期の出張で旅費を抑えるために自炊したい
  • 受験勉強に集中できる環境として利用したい
  • 夏休み・冬休みを利用して1ヶ月程度、他の地域に住んでみたい
  • 会社の研修用に社宅として利用したい
  • 家の立替工事の為、一時的に家から出る必要がある
  • 今の部屋からすぐに立ち退きしなければならない

このように、急を要する場合は一時的に家に住めない場合、また、受験など、目的・用途別で利用できるのが特徴です。