目的に合わせて遮音・吸音を選ぶ

外からの音を防ぐか発する音を低減するかで用途が違う

防音対策によって部屋の快適性をアップしたい場合、それぞれ、一番となる目的によって選ぶべき防音資材が変わってきます。

  • 外からの音をシャットアウトしたい:遮音材
  • 内側の音が漏れるのを防ぎたい:吸音材

外的な音を防ぎたい場合は、遮音材を第一に考えると良いと思います。部屋の外からの音に対して吸音材を設置してもあまり意味はないかもしれません。

吸音材は、近くで発する音を吸収して低減する効果は高くても、外からの音が壁に伝わって出る音をシャットアウトする働きはそこまで高くないので、外部の音に対しては遮音材が必要です。

遮音材は重さもあって吸音材より施工が面倒なので、より簡単に済ませたかったり、どちらかというと普段の生活に関わる音を押さえたいなら、吸音材を選ぶのが良いと思います。

実際に吸音材を部屋に設置してみると、以前よりは、音の反響もなくなり、同時に、外部からの音も軽減されるようになります。

ですが、コンクリート特有の震動音、または、部屋内の壁板を介して伝わってくる音に対しては、そこまで高い効果は感じられません。

吸音材の厚さや構造(あらかじめ吸音材と遮音材の重ね合わせられているもの)によっても吸音性・遮音性の違いが出てくると思いますが、このような違いを把握して材料を選ぶと、求める環境に近づけられるかもしれません。

遮音材は重いもののロールで販売されているので、引っ越す時にはコンパクトにしまうことが出来ます。一方の吸音材は、吸音性能を確保する為にある程度の厚みを必要とするので、運び出す場合、または、処分が手間かもしれません。

快適性を追及するなら、どちらか一方だけを使用するのではなく、遮音材で壁を多い更に吸音材を使用するというのが、音に関わる問題をトータル的に改善することが可能です。

やはり、内側の音に対しては吸音材。
外側の音に対しては遮音材という組み合わせが妥当ではありますが。

ただし、賃貸物件で防音対策には限界が有るので、それであれば、より快適性の高い物件を探した方がトータルコストが安く済むかもしれません。

それでは本末転倒なので、必要最小限の予算で納得出来る防音対策を実現する為にも、これらをうまく組み合わせることが防音のコツだと思います。