静床ライトはカーペットとしても使い勝手が良い

静床ライトは、防音対策というよりは、防振対策と防寒目的も含まれています。

敷いてみると部屋の景観も良くなりました。
フローリングのままでも良かったのですが、カーペットの方が部屋が落ち着きます。

カーペット自体の抜け毛もあまり出ないので、部屋が埃っぽくもなりません。
反対に、フロアのままにしていた方が部屋の隅等にほこりが目立ちやすかったので、そういった部屋の汚れが気にならなくなるというのも良かった点です。

一方、防音効果は、それほど変化はありません。
音は、床から伝わってくるのではなく、周囲の壁等の薄いところから伝わってくるので、静床ライトを使用したところで遮音性能は高まりません。

木造物件なら、直下の階からの音を低減したりこちらの足音や生活音を防ぐ事は出来ると思います。

引っ越しにも便利です。
部屋のサイズに合わせてロールカーペットを購入すると、もしも引っ越しするとき等にそれが大きな荷物になったり、また、処分するのが大変です。

静床ライトは一枚50cm四方のタイルカーペットなので、部屋の作りに合わせて敷き詰め方を変更することも出来るし、処分の際もそれ程邪魔にならないと思います。

カッターで切る事も可能なので、サイズ調整して用いたりできるだけでなく、小さく分割して処分することも可能です。

静床ライトは1枚1.5kg程ありるので、必要枚数より多くなってしまうと次の引越しの時に荷物としてかさばると感じるかもしれません。

余る事無く必要最小限の量で購入する為には、こちらのページに記載しているように、簡単な図を書いてから注文した方が良いと思います。