賃貸の壁紙とマスキングテープ

マスキングテープを使えば壁紙の上に新しい壁紙も可能?

賃貸物件でも快適な生活空間を作りたいと考えている人はいると思います。
その一つの方法として、壁紙を変えるのも一つの方法です。

そんな時、普通であれば管理会社や大家からの了解を経て、原状回復の費用も自分で支払うという事を認めた上でないとできません。

ですが、今現在貼ってある壁紙を残したまま、新たに壁紙を取りつけられる方法がありました。

それが、マスキングテープと両面テープを利用した方法です。

新しい壁紙を貼り付ける場合、専用のノリや両面テーブルで貼ることになりますが、直接貼り付けてしまうと、剥がすときに元々貼ってある壁紙もボロボロにしてしまいかねません。

そんな時、マスキングテープを貼り付け、その上から両面テープを貼って、最後に新しい壁紙を貼ると、新たに貼り付けた壁紙を剥がしても、元々あった壁紙はボロボロにならないという情報がありました。

なぜ、マスキングテープを使用すると壁紙を傷めないのか。そこには、マスキングテープの接着方法の違いが関係しているようです。

マスキングテープは、使用用途から元々の粘着力が押さえられています。
色を塗る際に、他の場所に色移りがしないような使い方が一般的で、美術などでも使用されている方法です。

このように、ノリ残りが少ないように粘着力が抑えられているので、この特性を利用して壁紙貼りの下地とする使い方を実践している人が増えています。

ただし、全ての壁紙で綺麗に離れるとは限りません。
貼り付け方や剥がし方によっては、壁紙を傷めてしまう場合もあるので、目立たないところで綺麗に剥がせるか確認してみることや、ある程度の長さのものを張りつけてみて綺麗に剥がせるかどうかもやってみた方が良いと思います。

実際に試してみました

下の画像を見てもらうとわかるように、壁紙に、結構長めにマスキングテープを貼り付けても、壁紙を傷つけることなく剥がすことができます。

マスキングテープ自体の接着力は弱くても力の加わる方向が違うので、GCボードを貼り付ける程度の接着性能は維持できているんだと思います。

テープに対してスライド方向だとある程度の強度が得られて、垂直方向だと剥がれやすいという事です。

使用時・購入時の注意点

マスキングテープはホームセンターで購入できますが、粘着素材として、ゴム系のものとアクリル系のものがあります。

このうち、熱に対して強いのはアクリル系らしいのですが、実際に試してみると、ゴム系のものでも十分な接着効果は得られました。

また、長期間接着することで色移りする場合もあるようなので、マスキングテープ自体も壁紙に近い色のものを選んだ方が無難です。

また、両面テープは、壁紙の凹凸に合わせて、多少厚みのあるものを選んだ方が接着力が改善されるかもしれません。もしくは、幅のあるものなどのように面積を確保するのも貼り付けを良くする方法です。

この時、両面テープの幅よりもマスキングテープの幅の方が広くなるようにする事も大切です。また、マスキングテープを剥がす際は、壁紙を万が一傷つけないようにゆっくり剥がすこともお忘れなく。