入居に関わる費用はどの位?

少なくても30万円から50万円の余裕が必要

契約から今日までを快適に進める為にも入居費用を前もって用意しておく必要があります。その金額は、一般的に考えると10万円では到底足りません。

どのようなものが初期費用として必要なのか確認しておきましょう。


■契約に関わる費用

  • 敷金:家賃の1~数か月分
  • 礼金:〃
  • 家賃関係
    • 日割家賃:入居開始月の日割分
    • 日割共益費:〃
    • 町内会費:〃
  • 仲介手数料:家賃一か月分以内

契約に直接関わる費用には、このようなものがあります。
敷金、礼金ゼロ、仲介手数料が半月分だとしても、その他に、下記のような費用も必要な場合も多くあります。


■クリーニング関連の費用

  • クリーニング代
  • 水周り清掃代
  • ストーブのオーバーホール代

これらだけでも5万円程度の出費を見込まなくてはいけません。
この段階で、既に20万円以上かかる場合がほとんどです。更に、ライフラインに関わる費用として以下のようなものがあります。


■保証金・保険の契約金

  • ガスの使用に関わる保証金
  • 火災保険1年分

どちらも1万円程度だと思います。
ガスを契約し開栓してもらう時に保証金として一万円を預ける事がありますが、退去の際に事前連絡無しで居なくなる人が居るらしく、そうしたトラブルを予防する為の処置だそうです。

火災保険は必須です。
これは、年額一万円程度のプランが標準適用されますので、特段変更なければ、そのままにしておくのが無難だと思います。


■引越し費用

  • 荷造り資材(ダンボール、ガムテープ、ヒモ、緩衝材)
  • 引越し業者の利用

荷物が少なければ、ヤマト運輸の単身引越しパックも利用できますが、家電や家具もいくつもある場合は、引越し業者を利用するケースになると思います。

一般的な引っ越しだと、少なく見積もっても15万円以上かかる場合もあるので結構な出費です。尚、荷物が少ない場合や移動距離が350km程度でも10万円程度は必要となります。


■インターネット回線利用

インターネット回線を利用する場合、工事費も負担となります。
これは、建物の設備状況によりも変わりますが、基本的に新規の場合だと、2.5万円程度の負担が増えます。

今では、モバイルルーターだけでも十分にインターネットを利用出来る環境が整っているので、そうしたものを利用すれば、工事費などもかからなくて済みます。


■状況により用意しておきたい資金

  • 荷物が少なく賃料も安い場合:30万円程度
  • 荷物がそれなりにあり、それなりの賃料の物件:50万円程度

入居完了までには、少なくてもこのくらいの金額を想定して準備していかなくてはいけません。その上で、新たな環境に慣れるまで生活費が少し多くかかってしまうことも考えられます。そうしたことを踏まえると、入居資金の2倍程度の預貯金が無いと生活は苦しいかもしれません。

その資金が準備できていれば、自分のタイミングで引っ越し出来ます。