大手不動産が良いとは言えない

大手不動産だから好条件の物件が多いってのは間違い

「大手だから安心」は間違いです。

CMなどでよく見かける不動産会社は、どこも大手が全国的に展開している会社ばかりです。社会的知名度が高いことから、利用者も多いですが、その分好条件の物件が多いかというとそうではありません。

掲示板等の投稿を見てもそうですが、大手に対する単なる嫌がらせではなく、入居者が実際に感じた事がストレートに書かれているものも多くあります。
中でも目立つのが、クレームに対する対応の杜撰さです。

不動産会社にとっては、入居してからのことは、全く関係ないと言っても良いほど対応したがりません。ある意味、それをしている余裕が無いと言っても過言ではないと思います。

毎月のノルマを達成する為に、物件にどんどん入居者を送り込まないといけないという不動産側の勝手な理由も関係していると思います。

不動産会社が収入を増やす為には、入居の回数を増やす必要があり、その為には、とにかく今空いてる物件に1人でも多く早く人を入れることを考えます。それでないと利益に繋がりません。

大手になると、店舗の従業員の数による給料の支払いフランチャイズ展開では、2年で100万円から300万円程度の支払いが課せられます。

そんな内部事情の為、入居を急かそうと、
「早く決めないと決まってしまいます。」
「この時期を逃すと中々良い物件が見つからない。」

こうした言い回しに乗せられてしまい、急いで契約してしまうと後から痛い目を見ることにもなり兼ねません。

つき合いが続く地域密着型の方が安心

一方、地域密着型の不動産会社は、その地域で信頼がなければ、経営していくことができません。その分、契約一つを取るのも慎重です。

もちろん中には、あまり評判の良くない不動産というものもありますが、社員数も限定されていて、その土地で長期間やっていかなければいけないということは、それだけ、信頼を得なければいけないということでもあります。

そうして入居者からの苦情が少なければ、不動産会社と管理会社やオーナーとの関係も密接で融通が利く事もあります。

こうしたことも踏まえると、大手だから安心とはならないことが十分に理解していただけたのではないでしょうか。

大手不動産会社の一つに物件の希望条件を提示し問い合わせしてみたところ、何の提案もない段階で、「条件が厳しいので難しいです・・・」という回答を貰いました。

これは、提案が条件が厳しいというより、中々入居を決めない客は、あまり相手をしたがらないというのが実情だと思います。