礼金の本当の意味

礼金は安い家賃へのお礼という慣習のなごり

敷金と礼金はセットのように考えられていますが、全くの別物です。
礼金は、その存在意義すら今となっては不明確です。

礼金という慣習が誕生したのは、戦中・戦後のまだ物資も少ない頃に遡ります。
賃貸の数も限られていた当時。戦災で家や職を失った人達が少ない賃金で生活させてもらう代わりに、お金が貯まったら、大家さんにお礼として渡したのが始まりとされています。

つまり、礼金の本来の役割は、貸借人への感謝の形です。
当時の大家さんの多くは人情肌で「困ったときはお互い様」という精神があったからこそ成り立っていたのだと思います。

今では、不動産ビジネスのツールの一つとして利用されているだけです。
この慣習だけが今も残っていて、未だに礼金が当たり前のとして徴収する物件も多く存在するというのが現状です。

人気の物件、好条件の物件であれば、競争率が高くなるので礼金によって入居審査を有利に進める事が可能ですが、それ以外であれば、何の疑いも無く礼金を払う事自体がそもそもの間違いだと認識すべきかもしれません。

物件の先にある大家がどのような人物であるかというのを知る為には、この礼金制度の有無について確認しておく事も一つの基準と出来ます。
もしも、礼金が必要となれば、同じように、退去時の敷金が返ってこない可能性も考えられます。

物件の間取りなどの条件だけでなく、その物件にぶら下がっている各種費用についてしっかりと把握しておくことも、部屋探しをよりよいものにする為に必要な事かもしれません。