借りる側にメリットの無い保証会社

保証会社の費用負担を他で調整する方法

まず、今回のレポートの内容は、保証会社の利用が必須となる事に関して納得できないというような趣旨の話です。

借りる側にとって、何のメリットもありませんから…。

また、実体験を通じて使えそうな対策ポイントについて、先にまとめてみました。


1.不動産の営業と仲良くなり『紹介』という形にして貰えば、仲介手数料を半額にして貰える事がある。初期費用で納得できない場合は、こうした方法をうまく利用するのも一つの方法。

2.この時、下手に渋って一度でもキャンセルすると同じ管理会社の物件の場合は、二度目以降の交渉は渋られるので要注意。

3.担当してくれる不動産(営業)のスキルも関係してくるので、その辺の見極めを行ってから申し込みをかけた方が良い。

4.もしも、違うと思った場合は、別の不動産へ行き仲介してもらうのも一つの方法。ただし、【2.】の事に注意。


以上のように、不動産会社の営業の見極めややり取りも踏まえた話となります。

という事で本題に入ります。

グレーなお金の流れが増えたと思わざるを得ない

近頃は、連帯保証人を付けずに保証会社を利用する大家、管理会社が増えています。

その理由は、至ってシンプルです。
大家にとっても管理会社にとっても負担が無いから。

借りる側には、連帯保証人を付けなくて済む程度のメリットはありますが、選択できない時点でメリットではなく、一方的な都合でしかありません。、そこから交渉する余地はほぼ無いのが現状です。

特に、戸建て物件(貸家)の場合は、大家が一般人だと管理会社に丸投げすることが多いので、その管理会社のルールに則る形となります。

すると、大体が保証会社必須となってしまいます。
費用面では、色々とグレーな部分が多いのに、さらに保証会社まで…。

  • 礼金:本来は支払う必要の無い古い慣習
  • 仲介手数料:大家と入居者合わせた上限が家賃1ヶ月分までなのに現状は借り主負担
  • 管理会社:宅建業者の免許がれば仲介手数料が発生する
  • 保証会社:保証金は一時金として費用負担にしかならない

また、以下の理由から保証会社の利用の必要性を全く感じません。

  • 賃料一年分以上の家賃としての資金は別途確保している
  • 保証会社を利用するなら、家賃を2ヶ月分など保証金として預ける事も可能
  • 連帯保証人も居るので利用する必要性が限りなくゼロ

こちらの都合と思われるかもしれませんが、お互いの主張を通して折り合いを付けるのが契約なので、不動産の言われるがままというのはおかしな話です。

また、この保証会社というのは、法人契約となると、個人では初回1万円で済むのに対し、法人となると何の具体的な理由も無く家賃の50%にされてしまいます。

その決め方があまりにもアバウトだったので、ライフあんしんプラスという商品を扱う”あんしん保証株式会社”に電話で確認したところ、「それ以外の商品を作っていないから」という簡素なものでした。

ざっくり、「法人なら多めに取っても問題無いだろう」という風に決めているとしか思えません。

管理会社からすれば、支払いの悪い借り主に対して無駄な労力を費やす事無く、家賃を回収できるのでメリットしかありませんが、そうなれば、本来は、管理会社および大家が支払うべきものとも思えてなりません。

こうした考えに対して、ネットでは、「条件としてそうなっているなら借り主が支払うのが当然」という意見も有りますが、「保証会社を利用するより金額が大きい家賃2ヶ月分を保証金として預ける」とこちらが提案しても、「NO」と言われるだけでした。

そこで、相手の譲歩を引き出して落としどころを見つけようと思い、多少なりとも費用を安くするように交渉したところ、不動産からは、「最大で仲介手数料の2割引しかできません」との回答を貰いました。

この2割引という額は、社内規定で決められているそうです。

折り合いが付かなかった上、そこまで入居したいと思える物件でも無かったので「ではキャンセルします」と言い終了しました。

ここが一つの失敗点。

それから、別の物件を探し良さそうなものが有ったのですが、運悪く同じ不動産の管理物件…。

同じ不動産でも担当者が変われば問題無いだろうと別の店舗へと行き話しを進めたところ、「一度仲介手数料の件でキャンセルした事で、管理部長に話が伝わり最大2割までと決め打ちされてしまいました。先に私に話しを通してくれていれば、私の紹介という形で入居する事で最大半額も可能だったのですが…」という事を言われました。

知り合いの紹介なら半額。
不動産会社でもこういう方法があるそうです。

なるほどね…。

今回、私が経験したように、「条件を飲み込む気が無いなら、こちらも入居しませんよ」というように、真っ向から対立するのではなく、「そっちがそうなら、こっちも別で手を打とう」と、担当者にうまく相談して行うのがベストだったと言えます。

ただし、それも踏まえて、担当となる営業の理解力と対応力、この人なら相談できるかなど吟味した上でシナリオを作って申し込みを行うように、口裏を合わせておく必要があるのかなと思います。

物件を選ぶ場合、立地や周辺環境、建物の構造や防音性などが一番重要ですが、付け加えて、どの不動産を利用するか、利用が限定される場合は、どの営業なら大丈夫そうかというところまで判断できるスキルもスムーズな契約に重要な事だなと思えた一件となりました。

また、私の場合は、保証会社利用について苦言を呈した為、2回目の申し込みの時には、また同じようにキャンセルされるのではないかと思われたらしく、前回は翌日に審査通知が来たのが、2回目の申し込みでは、数日経過しても来なかったので、結局、その不動産を利用するのはヤメました。