不利な情報は秘密主義

物件に関しての不利な情報は秘密主義

不動産会社と入居者(賃借人)は、一時的な付き合いしかありません。
反対に不動産会社と大家(貸借人・管理会社)とは、付き合いが続きます。
ビジネスを円滑に進める為にも不動産会社が気を遣うところです。

そんな事から、不動産会社は、入居者にとって有利で大家にとっては不利となる情報は隠そうとするものです。情報をベラベラとしゃべってしまうと、大家との関係に影響します。

その為、契約書が完成するまでは、こちらから質問して聞かない限り、不利な情報は曖昧にして契約書を書かせようとすると考えておくべきです。

借りる側が知識武装しておかないと、自分達にとって不利な状況での契約となりかねません。

例えば、入居時に前払いする清掃料に関して。
備考欄に以下のように書いてある事が有ります。

  • FF分解料:21,000円
  • 清掃料:26,250円

本来、これらは貸主負担で原状回復するものです。
これは、最高裁判の判例としても有り、原状回復にかかわる費用は、毎月の賃料に中に含まれるという判決が下されています。

本来は、賃料に含ませておくのが清掃料なのです。

しかし、この件について問い合わせしてみると、
「○○市内では、ほとんどの物件で退去時の清掃料は借主様負担という形になっております。」
と言われる事が大半だと思います。

このように、知識があれば、本来支払うべきものかどうかが判断できるものの、知らなければ、ただその通りにお金が取られるだけという事は良くあります。

それだけ、不動産に関わる費用というものは、曖昧な部分も多いのです。

尚、備考に書くことで一つの証明となる為、契約の際には、備考を含めてしっかりと内容を把握し、納得した上で臨まなければなりません。もしも、納得できなければ、改善の希望を伝える事も含めて契約です。

不動産業界とひとくくりにしても、地域や会社の違いで明確なルールが無く、地域性というものでごまかされている場合もあるので、入居費用が不当にかかるような物件は、よほど気に入らない限りは入居は避けた方が良いかもしれません。

常に後手に回っている必要は決してありません。