清掃料に対する考え方

トラブルが多いから清掃料先払い?

物件の空き状況の問い合わせで不動産とやり取りした時の事ですが、清掃料の件をどのように考えているのか、試しに別でやり取りしていた不動産会社にも聞いてみる事にしました。

その不動産も同じように、「清掃料は賃料に含ませるのではなく、入居者から別途いただく場合がほとんどですねぇ」と言っていました。不動産業界内では、それが当たり前の事のようです。

私もすかさず、「普通は家賃に含ませるらしいのですが・・・」と伝えると、「清掃料を支払ってくれない入居者も増えていて・・・」と言われました。

それ以外にも、「破損箇所があるのにも関わらず、退去時に清掃料と敷金を返せという困った人も居てトラブルとなるケースが増えている為、敷金とは別に清掃料を貰う場合も多い」というような事も言っていました。

つまり、この説明を私なりに解釈すると”トラブルを起こす入居者が居るから仕方なくそうしている”と言っているのと何ら変わりません。これが、不動産側が私たちに対する説明です。

別ページにも書きましたが、妥当な賃料で清掃料を別に預かっておくという形であれば、これは、まだ救いようがあります。また、このような説明をきちんとして貰えれば、こちらとしても納得できるものです。

しかし、「悪い入居者が居るから、そうするしかない・・・」というような言い方は、半ば仕方ない事のように聞こえますが、実際は説明を放棄しているように思います。

こうした、退去者が引き起こすトラブルが増えていると言っても、実際に、それがどの位の件数かははっきりしていません。そうした具体性に欠ける情報を利用し真実味に欠ける説明をするという部分が、不動産業界全体への信用に影響するように感じました。

マイナス面も正々堂々と説明できる不動産会社は、どの位有るのでしょうか・・・。